カポエイラ入門!~基礎から始めるカポエイラ~

ブラジル発祥のカポエイラ(カポエラ)という、スポーツのようでダンスのようで格闘技のような、そんな不思議な魅力を徹底追求!

スポンサーサイト

スポンサードリンク


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

カポエイラ誕生の歴史

スポンサードリンク


カポエイラは、ブラジルがポルトガルの植民地時代だった頃に生まれました。奴隷とされていた人が、手かせをされながら習得した格闘技がカポエイラだったと言われています。

↓のような背景の中・・・、(出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)
-------------------------------------------------------------
1500年4月22日、ポルトガルはブラジルを植民地化する。ポルトガル人はサトウキビなどの穀物畑を耕作させるための労働力として、アフリカ大陸から連れてこられた多くの黒人の人身売買が行われ、奴隷が生まれた。カポエイラの源流は、アフリカの土着格闘技として、すでにこのころよりも以前に存在していたと言われる。
1808年1月23日、ブラジル帝国が樹立され、ブラジル皇帝は、1808年から1831年まで特別警察を設置、アフリカ文化の抑圧を行った。1888年5月13日に奴隷制は廃止されたものの、元奴隷への差別は依然として続き、カポエイラは権力に抵抗する手段として1892年から1932年まで禁止されていた。
-------------------------------------------------------------

カポエイラは黒人の奴隷が、看守にばれないようにダンスのふりをして修練したようです。手技がほとんど無くて、地面に手をついた状態から蹴ったり、逆立ちをしたりするのは、手かせをされた状態で習得したからですね。現在では空手やテコンドー、ムエタイ等といったの格闘技から、拳を用いた技法も取り入れられています。

ダンスの練習をしているように見せかけるために音楽を演奏しながら練習したと言われていて、そういった理由でビリンバウ等の楽器をつかった伴奏が付き物です。

スポンサーサイト

PageTop

カポエイラの2大流派

スポンサードリンク


カポエイラには格闘技という側面があります。格闘技としてのカポエイラについて、少し触れてみましょう。ちゃんとマスターすれば、護身術として活用することも可能だと思います。ちゃんと道場があるくらいですからね。

カポエイラ(カポエラ)には流派があり、流派によって競技スタイルが異なります。
カポエイラの流派は、大別すると、二つに分けることができます。
まず、ヘジォナウという流派。一般的に知られるカポエイラは、こちらの流派です。より格闘技的なスタイルが特徴です。
もうひとつは、アンゴーラという流派。こちらはゆったりとした動きで、儀式のような動きをします。

-------------------------------------------------------------
ヘジォナウ (Regional)
1928年にメストゥレ・ビンバ(Mestre Bimba 本名:Manoel dos Reis Machado 1899年(または1900年)11月23日-1974年2月15日)が多くの格闘技を研究し、創始した。より格闘技的なスタイル。激しくアクロバティックな動きも特徴。一般的に知られているカポエイラはこちらの系統の流派。屋内でカポエイラ教室を初めて開き、1930年代ブラジルバイーア州サルバドールで世界初の道場を開校した。上流階級の子供まで習い、当時の共和国大統領ジェトゥリオ・ヴァルガスに招かれてデモンストレーションを行ったことからも、ビンパは奴隷の文化からのカポエイラの地位を向上させた存在といえる。
アンゴーラ (Angola)
メストゥレ・パスチーニャ(Mestre Pastinha 本名:Vicente Ferreira Pastinha 1889年4月5日-1981年11月13日)がまとめた流派。彼は奴隷でない身分の者にもカポエイラを教えた革命児。カポエイラの師であるアフリカ人Beneditoの出身地ブラジルアンゴーラ地方から名前をとった。儀式的でどちらかといえばゆったりした動きが特徴。飛び跳ねるような派手な動作はあまり行わず、動物の動きをまねたアフリカ土着の格闘技に近い。パスチーニャは1941年バイーア州サルバドールでアンゴーラの本格的な道場を開いた。
-------------------------------------------------------------
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

PageTop

カポエイラ(カポエラ)とは?

スポンサードリンク


カポエイラ(よくカポエラとも言われます)とはブラジル発祥のスポーツで、楽器伴奏によって奏でられる音楽のリズムにのって、格闘技の足技のような動きを二人でお互いにやりあいながら競うものです。ただ、「スポーツ」と言いましても、勝敗を特に競うというものでもなく、どちらかというと「ダンス」に近い感じのものです。
カポエイラには、“闘う”、“踊る”、“歌う”といった要素があり、他に例をみないとてもユニークなスポーツです。

-------------------------------------------------------------
カポエイラ (capoeira) は、ブラジルの格闘技。カポエィラとも呼ばれる。「カポエラ」は誤った表記で、日本語表記は前述のいずれかを使う。
相手に蹴りや攻撃を当ててしまうものは下手とされ、基本的に相手には触れず、プレッシャーをかけてゆく。そのため、格闘技とダンスの中間に位置するものとも考えられる。
日本では梶原一騎が自書の作品で『逆立ちしながら闘う格闘技』と誤った紹介をした為に、長年誤解されてきた。実際には常に逆立ちのような体勢をとるのではなく、足を地面に付けていることの方が多い。
-------------------------------------------------------------
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

カポエラでは足技中心で相手を攻めていきますが、打撃として当てるということをしません。なので、普通の女性でも筋骨隆々の男性を圧倒することもできてしまうという不思議なことができます。
またカポエイラはダンスのように体を動かしすスポーツなので、ダイエットストレス発散になると女性に人気上昇中です。有名タレントやモデルもカポエイラをやっているなど、今話題のスポーツなのです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。